http://jp.bondre-cn.com
ホーム > 製品情報 > マイクロファイバータオル > マイクロファイバークリーニングタオル > 糸くずのない多目的クリーニングクロス

糸くずのない多目的クリーニングクロス

    お支払い方法の種類: L/C,T/T,D/P,Paypal
    Incoterm: FOB,CFR,CIF
    最小注文数: 1000 Piece/Pieces
    納期: 30 天数
基本情報

モデルMT01-09L

ブランドボンドレ

タイプディッシュクロス&スポンジ

材料ブレンド

スタイルヨーロッパ人

防水防水ではない

パターン純粋な色

群集大人

テクニクスマシンによる製織

Product Specifications220gsm~ 500gsm

Taget AudienceCar Owners, Adults, Men, Woman

Product FeaturesDust/ Dirty Remove, Water Absorbent

Main UsagesDishes Washcloth, Clean Cloth

Product Size40x40cm, 16"x16", 40x60cm

Additional Info

包装ポリバッグ、ヘッドカード

生産高500,000pcs per month

輸送方法Ocean,Land,Air

原産地中国

供給能力5,000,000pcs

HSコード6302930090

ポートShanghai,Ningbo

お支払い方法の種類L/C,T/T,D/P,Paypal

IncotermFOB,CFR,CIF

納期30 天数

製品の説明

BONDRE マルチ目的マイクロファイバークリーニングクロス

当社のBONDRE多目的洗浄マイクロファイバークロスは、80%のポリエステルと20%のポリアミドを標準配合して作られており、家庭や公共の場所での洗浄目的で広く使用されています。マイクロファイバーの最も顕著な特徴は、高い吸水性と超清浄効果です。人々は家庭での一般的な家の清掃や車のきれいなお店、ホテル、レストランでの清掃ツールの使用に人々を利用しています。当社のマイクロファイバータオルは、こぼれた水をすばやく乾かすことができ、綿タオルよりも7倍の水を吸収することができます。より少ない洗剤で食べた後に油性の皿と皿を洗うことができます。アレルギーのないメークアップを優しく取り除き、縞模様のな​​い器具の表面を照らし、テーブル、眼鏡、窓を拭きと磨きます...洗うときあなたの車は、泥を洗い流すために濡れたものを使用することができ、外側の埃や半分の濡れた穏やかな皮と金属の部分を浄化します。毎日ハウスクリーニングでは、それが 簡単かつ迅速にlintsフリーとポリッシュたんす、床、金属、セラミックタイル、木製、エレクトロニクスに 非常にEFFI ciantヘルパー です 長持ちの長所を生かせば、あなたが以前持っていた綿のタオルよりも少なくとも3倍長く使えるので、タオルは環境にやさしく、経済的です。

使用法の提案

ダスティング削除(ドライONL Yにその良好なenouの GHを それを使用します )。 - ダウ nはガラスを 拭い て完了するために、乾燥をフォローアップ するために半分のウェット 輝くミラー、ガラスや窓 ; - 電子スクリーンは浄化する(それを乾燥させる); - ステンレススチールの研磨(濡れたもので清掃し、乾燥したものでフォローアップ)。 - ウッドフロアはきれいです(モップにはフィットし、モップ用にはほこりや濡れたものに乾燥したものを使用してください)。 - こぼれた水を吸収する。 - クリーニングキャビネット; - 車を洗う; - こぼれた水を乾燥させる...


Car Wash Cloth



BONDREの多目的洗浄用マイクロファイバークロス ケアは簡単ですが、次の点に注意してください。

ケアのためのより多くの提案: -マイクロファイバーの布やタオルのクリーニングeffeciancyを維持するために、我々は他の服で洗浄したときに、彼らが拾うと取得する面倒される、他の衣服からlintsを保持しているかもしれません冷水(で別々にそれを洗うことをお勧めオフ); - 柔軟剤、漂白剤なしなしtumberを使用しないでください。 - 低温で乾燥させたり、自然乾燥させてください。



製品グループ : マイクロファイバータオル > マイクロファイバークリーニングタオル

この仕入先にメール
  • *タイトル:
  • *メッセージ:
    あなたのメッセージは20から8000文字の間でなければなりません
サプライヤーと通信?サプライヤー
Linda Jin Ms. Linda Jin
何か私にできますか?
サプライヤーと連絡する